流れる僕ら。

22/48
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/53ページ
   「私ね、意識があった時からここに居て、誰にも知られないままずっとここにいたんだ」 「君のことが見えるのって、僕だけ?」 「わからないよ、私が一体何者で、何処にいけばいいかもわからない。ぜんぶぜんぶわかんないよ」 さらにややこしい話へと発展していくので、眉間に皺を寄せたままな僕は、一度仕切り直す為に、少女の目的一つを聞き出すことにした。 「知りたいって言うのは自分のことを?それが目的なの?」 「わかんないよ」 「お前やっぱり馬鹿だろ?」 「馬鹿じゃないし」 「馬鹿じゃないことはわかるんだな」 「うん、あと夏樹くんが馬鹿だってこともわかるよ?」 「おー?ぶっとばすぞ?」 少女の子供じみた性格と、どうして少女がこの浅瀬に現れたのかがわかった気がした。 それと、僕がもうこの少女とイレギュラーな夏休みを過ごすと言うことが、既に頭の中で構成されていた。 「ねぇ、君は私を知ってる?」 「それ、僕らで探そうよ」 「うん」 それは、29回目の答え。 僕の返答に頷く少女は素直だった。
/53ページ

最初のコメントを投稿しよう!