乙女に神器は似合わない

1/1
93人が本棚に入れています
本棚に追加
/45ページ

乙女に神器は似合わない

一人の少女のまわりに人影があった── 横になった長須根伊織を、皆が見つめる。 どの目にも深い哀しみの色があった。 伊織の固く閉ざされた瞼は、開く気配が無い。 少女の一人が、(ひざまづ)いた。 神武(じんむ)時空(とき)である。 饒速日命(にぎはやひのみこと)を倒し、己の背負った(ごう)をも打ち破った。 その強靭な精神力をもってしても、今の哀しみは抑えられなかった。 「伊織……」 ポツリと呟く時空。 自分に好意を寄せ、それを利用された為にこんな事になってしまった。 俺のために…… 俺なんかのために…… 「これって……」 打ちひしがれる時空の横で仄が囁いた。 見ると、伊織の胸のあたりに手を置いている。 「まだ……何とかなるかもしれない」 その一言に、時空は飛び上がった。 「何とかって……助かるのか!?」 思わず声を上げる時空に、仄は黙って頷いた。 「今この子は、一種の仮死状態にある。恐らく表面化していた饒速日の人格が消えた事で、心奥に自分の人格が閉じ込められたままになっているんだわ」 医師が病状を説明するかのような口調だった。 「人格が……閉じ込められたまま……?」 目を丸くして繰り返す時空。 「では、どうすればいい?何をしたら助かるんだ!?」 仄は伊織の胸から手を離すと、時空の顔をじっと見据えた。 「時空……私が、あなたに言った事覚えてる?」 そう言って、仄は目を光らせた。 「私の目的は、八握剣を破壊する事。そのために饒速日を追って、この時代に転生してきた」 「ああ……剣を破壊するには、俺がになる必要があると言ってたな」 「そう……剣があなたを主と認めた時、あなたは剣の生死すら操れる存在となる……」 淡々と語る仄の声が、静かに響き渡る。 「【闇の神器】を打ち破った事で、あなたは今、。つまり本当の意味で、八握剣を自在に操れるようになったわ」 「……それが伊織を助ける事と、どう関係してるんだ?」 (いぶか)しげに眉をひそめる時空。 「八握剣の真の力は人を(あや)めるものでは無い。ためのもの。私はそのために、饒速日にこれを持たせたの」 「人を活かすための力……」 「剣の支配者となった今のあなたなら、その力を使ってはずよ」 瞳を輝かせながら、仄が言い放つ。 「できるのか、俺に……そんな事が……」 時空の問いかけに、大きく頷く仄。 手に持つ八握剣を暫し見つめた後、時空は周囲に目を向けた。 そこには、彼女を囲むように立ち並ぶ仲間たちの顔があった。 誰も言葉は発しない。 ただ、どの目にも託すような光が宿っている。 「分かった……やってみるよ」 時空が決意の表情に変わる。 助けたい…… その強い思いが、体から溢れ出ている。 「どうすれば、いい?」 そう言って、仄の方を(かえり)みる。 少女はニッコリ笑うと、時空の剣を指差した。 「意識を集中して……剣を通して彼女に呼びかけるの」 「……それだけか?」 「そう。あなたの思いが彼女に届いたなら、きっと戻ってくるはずよ」 仄のアドバイスを受け、時空は頷いた。 そのまま、目を閉じ集中する。 伊織── 聴こえるか──伊織── 時空の思念に呼応するかのように、八握剣が淡い光を放ち始める。 伊織── 目を覚ますんだ── お前を苦しめる奴はもういない── 剣の輝きがさらに強くなる。 それは見る見る青いドーム状に膨れ上がった。 伊織── 戻ってこい── 俺はここにいるから── 伊織の指がピクリと反応する。 剣を通して伝えられる時空の声は、彼女を確実に現実世界へと呼び戻しつつあった。 「……し……う……」 伊織の口から声が漏れる。 「しっかりしろ!伊織」 すかさず、声に出して呼びかける時空。 「し……しゅしょ……う」 「俺は、ここだ!戻ってこい」 時空は懸命に叫んだ。 頼む! 頼むから、目を覚ましてくれ! 「頑張って!伊織さん」 「戻ってきて!伊織」 その様子を見つめていた仲間からも、声援が飛ぶ。 光はさらに光度を増すと、花火のように四方に(はじ)けた。 飛散した光の粒は、吸い取られるように伊織の体へと消えていく。 やがて、伊織の瞼がゆっくりと開いた。 「とき……主将……」 今度はしっかりとした声が、少女の口から漏れる。 焦点の合った目線は、時空の顔を(とら)えていた。 「私……一体?」 「よく戻ったな……伊織」 呆然と見つめる伊織に、声をかける時空。 少女はゆっくり体を起こすと、周りを見回した。 自分に注がれる安堵の視線に、ハッとしたような顔になる。 どうやら、全てを思い出したようだった。 「主将……ご、ごめんなさい……私……」 「分かってる……何も言うな」 口を押さえ涙ぐむ伊織の頭に、時空は優しく手を置いた。 長須根伊織の静かな嗚咽が、いつまでも木霊した。 「どうやらこれで、一件落着みたいね」 やがて口を開いたのは仄だった。 その言葉に、時空は振り返る。 「ああ、助かったよ……ありがとう」 そう言って、時空はペコリと頭を下げた。 心からの感謝の意が、その声には込められていた。 「それで……お前は、これからどうするんだ?」 顔を上げると、時空は仄に尋ねた。 「そうねぇ……」 その言葉に、顎に指を当てる仄。 「とりあえず、また転校するわ……なんとか、も探さなきゃいけないし……神様がいつまでも不在じゃ、困るもんね」 そう言って、仄は(おど)けたようにウィンクした。 「そうか……」 時空は、神妙な顔で返事を返した。 神の生まれ代わりとは言え、共に闘った仲間である。 言いようの無い寂寥感(せきりょうかん)が胸中に広がった。 周りに立つ少女たちも同じらしく、沈んだ表情をしている。 「なあに、皆その顔は……!?」 その様子を眺め、仄が声を上げる。 「だって……行ってしまうんでしょ」 「これでお別れなんて……」 「なんか……寂しいっす」 口々に心境を吐露する乙女たち。 「お別れって言っても、まだこの時代にはいるんだし……きっと、また会えるわよ」 あっけらかんとした口調とは裏腹に、その瞳には光るものがあった。 「ところで、あなた達の神器はどうする?このまま、持っててもらってもいいんだけど」 そう言って、仄は気を取り直したように笑った。 思いがけぬ提案に、皆が顔を見合わせる。 全てが終わった今、もう持つ必要性は無い。 だが、愛着が無いと言えば嘘になる。 「……離れるの、やだな……」 凛がミョウを抱きしめながら呟いた。 家族として過ごしてきたため、もはや離れられない存在なのだ。 「私も……できれば持っておきたいのですが……」 そう言って、手に持つ筆を眺めるのは柚羽だった。 家宝として、生まれてからずっと所持してきたのだ。 手放したく無い気持ちは、痛いほど分かる。 他の少女らも、深刻な表情を浮かべている。 皆自分の神器には、何某(なにがし)かの思い入れがあるのだ。 「あそ……じゃあ、力だけ回収するわね」 皆の要望に、仄は平然と答えた。 「え、力だけって……そんな事ができるのか?」 驚く時空に、当然だと言わんばかりに頷く仄。 「元々あなたたちの神器は、(うつわ)として使っただけだから。【十種神宝(とくさのかんだから)】で実体があるのは八握剣(やつかのつるぎ)だけ……あとの神器は、不定形のエネルギーのようなものなの。だから、私の体内に戻すだけよ」 仄の言葉に、皆驚くと同時に納得もした。 確かに沖津鏡(おきつかがみ)辺津鏡(へつかがみ)は、それぞれ鈴と仄の体内にあって実体は無かった。 「それじゃ、形としてはこのまま残るのね」 幽巳が嬉しそうに、リストバンドを握りしめる。 隣の霊那も、ペンダントに手を当て微笑んだ。 姉妹にとってそれらは、大切な絆の(あかし)なのだ。 「でも八握剣だけは、神鏡そのものを返して貰う事になるわよ。それと沖津鏡は私の中の辺津鏡とは一緒にできないので、(しばら)くはそのままにしといてもらえるかしら。また、いい方法が見つかったら連絡するから……それでいい?」 そう言って、仄は鈴の顔を見た。 鈴は一瞬驚いた顔をしたが、小さく頷いた。 「はい。お預かりしておきます」 力強い少女の返事に、仄は満足そうに微笑んだ。 「それじゃ、やるわよ。皆準備はいい?」 仄の言葉に、全員が顔を見合わせる。 示し合わせたかのように頷きあうと、そのまま時空に視線を送った。 どの顔も、溢れんばかりの笑顔だった。 時空もニッコリ笑い、仄の方に向き直った。 「ああ、やってくれ」 これまでの出来事が、走馬灯のように脳裏をよぎる。 驚くべき事件の数々…… 頼もしい仲間との出会い…… そして、苦しかった闘いの日々…… 非現実にもほどがある。 単なる高校生の自分たちには、荷が重過ぎる思い出だ。 だから、こう言わずにはいられなかった。 「今さらで、なんだが……」 時空は頭を掻きながら、照れ臭そうに呟いた。 「やっぱり俺達に……」 完
/45ページ

最初のコメントを投稿しよう!