最後の嘘

父の嘘に感謝する青年の物語です。超・妄想コンテスト応募作品です。

ひろし

青春 完結
10分 (5,744文字)

0 95

あらすじ

俳優になるために東京に上京した主人公は、経済的に苦しい生活が続いていた。 そんな時に父が入院し、主人公は父から金庫の鍵とダイヤルナンバーのメモを渡された。 この父に感謝する青年の物語です。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません