雫ちゃんに告らせたい

1/7
43人が本棚に入れています
本棚に追加
/56ページ

雫ちゃんに告らせたい

「雫ちゃんに告らせよう」  央輔(おうすけ)が言ったのは、石川町(いしかわちよう)駅の傍にある、行きつけの飲み屋でだった。今日はお互い時間があるので、夕方から飲んでいる。央輔のカノジョ、藍子(あいこ)ちゃんも一緒だ。俺たち三人以外にまだ客はいない。 「なんだよ、唐突に?」 「唐突じゃない、ずっと考えてたんだ。昭和のラブコメじゃあるまいし、一向に進まない壮馬(そうま)(しずく)ちゃんの関係をどうしたら変えられるのかってね」 「変えようがないのは、お前だってわかってるだろう」  長くなるので詳細は割愛するが、いろいろあって俺は、源神社(みなもとじんじや)で一緒に奉務する巫女──久遠(くおん)雫に告白できなくなった状態が続いている。  央輔が首を横に振る。 「壮馬が告白できないのは仕方がない。だから発想を変えるんだ。雫ちゃんに壮馬に惚れさせて、告白させればいい」 「さすがね、央輔さん」  藍子(あいこ)ちゃんが拍手する。レモンサワーをまだ二、三口しか飲んでいないのに、既にほっぺたが赤い。 「俺に惚れるわけないだろう、あんな、超ぜ……かわいい子が」  黒真珠を思わせる大きな瞳、新雪のように白い肌、身長150センチ前後しかないとは思えないほど凜と伸びた背筋……雫は「この世にこんなきれいな子がいるのか」と思うほどの超絶美少女(ちようぜつびしようじよ)なのだ(央輔たちにそう言うのは恥ずかしいので、咄嗟に「かわいい子」に言い換えた)。 「でも壮馬の話を聞いてるかぎり、脈がありそうじゃないか」 「ないない。あの子にとって俺は、年上の教え子でしか──」  言ってる最中、俺のスマホが鳴った。雫から電話がかかってきた。
/56ページ

最初のコメントを投稿しよう!