謎の種

8/8
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ
「……ん?」  やはり寝ぼけているのか? 目の錯覚か? 不意に、赤紫の花弁の中央で殊更存在をアピールしている巨大な雄蕊が、風もないのに微かに動いたような気がした。 「……気のせいだよな?」  と、目を細めて呟いたその瞬間。 「…んぐ!?」  不意に触手の如く伸びた雄蕊が僕の頭に絡みつき、ノコギリ歯の生えた萼が花弁とともにすべて閉じると、まるで肉食獣が食らいつくかのように、そいつは一瞬でパクリと僕を花の中に飲み込んだ。                                  (謎の種 了)
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!