生まれ損ない

誰も悪くないから誰も恨めない。ただ運が悪かっただけ。

あおじ

12分 (6,954文字)

13 34

あらすじ

アルビノの青年・啼鳥 蜀円(ていちょう とうまる)は親に捨てられ児童養護施設で育った。 過酷な境遇から自らのことを"生まれ損ない"だと信じて止まない彼は傷つき迷いながら今日も生きている。 ※『キスか

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません