あのゴーストペンションで

1/12
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ
演劇部の後輩の一年生――リンゴちゃん、ことリコちゃんが、今度の公演のシナリオを書くことになった。 ところがネタが思い浮かばないらしくって、ウンウン腕を組んでうなっている。  「リンゴちゃん。シナリオどーお?」 聞いてみたら、リンゴちゃんは、チェリーピンクの口もとをふにゃりとさせた。 「先輩。実は……」 「実は?」 「すすんでないです……全然」 消え入りそうな声で言う。 あたしはハッパをかけようと、その制服の背中をたたいた。 「頼むよ。リンゴちゃんが書かないことには、みんな練習できないんだからね!」 「みそら。そうプレッシャーを与えるなよ」 あたしに向かって、そう言ったのはタチバナだ。 「知ってるかい?  アイディアっていうのは、リラックスしている時にしかおりてこないんだって。だから、散歩とか風呂の中とかがいいんだってさ。 書こう、書こうって意気込んでると、かえって書けなくなるわけだ」 「なるほど」 リンゴちゃんはうなずいた。 「じゃあわたし、お風呂入って、出直してきますね……」 「行ってらー。っておい。リコよ……」 タチバナが、リンゴちゃんの頭を軽く小突いた。 タチバナはいちおう、あたしの彼氏だ。 リンと涼しげな一重の目と、猫のように気まぐれなところが魅力的だと、あたしは常々思っているわけで……、 つまりあんまり目の前で、違う女の子と楽しそうにされると、多少モヤッとしないでもない。 しないでもないけど、まあよかろう。 あたしは広い心を持っている。 リンゴちゃんのために、何かネタをさがそうと、部室の端っこの、スチール棚を漁ってみた。 「高校演劇のすべて」、「サルでも書ける脚本術」「若松タウンガイド」、うーん、どれもありきたり、つまんなそう。「月刊BANANA JUICE」 なんだこれ?
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!