プロローグ

1/12
154人が本棚に入れています
本棚に追加
/105ページ

プロローグ

 ガレベーラがまだ公女だった頃、人々は言った。  あらゆる神の祝福を受けるガレベーラの人生において、最大の不幸は最愛の母と死別したことだと。  しかし、ガレベーラの人生における悲しみは、たったそれだけだったとも。  やがて、没落したガレベーラの身を憐れんで、人々は言った。  ガレベーラの身に起こった不幸に勝る不幸はそうないと。  晩年のガレベーラの語ったところには、こうある。 ────何を不幸で、何を幸せと思うか、そのものさしは自分自身のなかにしかない。  そして、わたしの人生には悲しみよりも幸せの方がうんとたくさんあった────と。 ※登場する人物名、名称、時代背景、生活様式、風習、文化等すべてフィクションであり、正確な時代考証に則ったものではありません。
/105ページ

最初のコメントを投稿しよう!