会いたいけど、会いたくない

5/7
92人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
私は、門を背に空を見上げる。 もう、帰ろうかな…… 言い訳なんていらない。 どうせ終わるなら『やっぱり行けません』って送るだけで十分じゃない。 私は、握り締めた手を開き、スマホの通信アプリを起動する。 彼の着信履歴を見て、メッセージを入力しようとすると、またスマホが鳴動を始めた。 これ、出る? それとも、拒否して、メッセージを入れる? 一瞬ためらっていると、ふと影が差した。 えっ? 私が顔を上げると、そこには優也さんが立っている。 「麻弥ちゃん……だよね?  ごめん、待ち合わせ場所、勘違いしてたみたいで」 えっ? 私って分かるの? いや、それより、これ、肯定するべき? 違いますって言って逃げるべき? 私がすぐに答えられずにいると、優也さんは、優しく微笑んで、手を差し出した。 「はじめまして。西崎 優也(にしざき ゆうや)です」 これ、握手ってこと? 私は、固まったままその手を眺めた。 すると、優也さんは、私の手をスマホごと、そっと包み込んだ。 「やっと会えた」 私の太ってぷにぷにとした手を握り締めながら、優也さんは変わらず微笑んでいる。 「さ、麻弥ちゃん、行こう」 そのまま私の手を引いて歩き出す優也さんに、私は足をもつれさせながらも、慌ててついていく。 優也さんは、入場券売り場を素通りして、そのまま入り口に向かうと、ポケットからチケットを2枚取り出した。 「早く着き過ぎたから、買っておいたんだ」 当然のように私の分のチケットを出すから、私は慌ててバッグから財布を取り出す。 「あの、私の分……」 すると、優也さんは、足を止めて私の顔を覗き込む。 えっ、何? 「やっと、しゃべってくれた」 えっ? 「美術館の中ではしゃべれないけど、見終わったら、食事に行こう。話したいことがたくさんあるんだ」 えっと、それは…… っていうか、私のチケット代…… 見つめられて恥ずかしくなった私は、そのまま顔を伏せて財布の中身を探る。 すると、優也さんは、そっと私の手を押さえた。 「これくらい、出させて。学生料金のチケット代くらい大したことないから」 そう……かもしれないけど…… 「ほら、行こ?」 そう促されると、それ以上、お金を出すとも言えなくて、私は財布をバッグにしまった。 優也さんに手を引かれて、大好きなイラストレーターさんのあたたかみのある絵を見て回る。 「これ、いいよね」 優也さんが耳元でひそっと囁く。 私はこくりとうなずくことしかできない。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!