溶けて崩れ落ちるまで【短編】

夏の夜、俺は廃屋で女を殺した。そのはずだ。とても暑い夜だった。だがわからない。あれは何なんだ。  

Tempp:低空浮上、毎日UPは継続

ホラー 完結
20分 (11,655文字)
オーソドックスなホラーかも!?

25 597

あらすじ

完結保証:UP済 4/27-4/30 18:45連載 今年の盆は実家に帰ることにした。休みがたくさん取れたから。 郷里に向かって車を走らせる俺の隣にはしばらく前にSNSで知り合った女。なんとなく印象

感想・レビュー 2

夏の暑さをゾクリと冷やすホラーです。

2021年7月8日読了。  読んだ時期が丁度暑くなってきた時期ということもあってか、臨場感たっぷりに物語に入る事が出来ました。  うだるような、ぬめるような暑さの描写が素晴らしく、主人公の感じているね
1件1件

カオスが良い

本作のように短編は繰り返し性や想像できる箇所があると長く楽しめます。 気になった点は2つ ・最初結構説明しちゃってます。説明じゃなくて見た感じで読者が感じ取れる書き方がいいと思います。 ・折り返しの魔
1件1件

この作者の作品

もっと見る