母花火

人は死んだら花火になる

✠ガブリエル✠

11分 (6,584文字)

573 2,516

あらすじ

死んだ人は、自分の人生の色を反映した花火になる。 戦時下、みんなで故人の最後の輝きを見送る黄泉送りの儀は毎日のように行われるようになり、故人の輝きは誰の心にも響かなくなっていた。 過酷な世界で懸

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

タイトルから感じる儚さ。

寂しく侘しいと感じました。 自分の感覚では、普通だったら「母の花火」とか、「母は花火になった」などとタイトルを付けちゃうんだろうなと思います。 それが「母花火」と、すとんと余計なものを削ぎ落として付
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品