01_小林の悩み(3)

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

01_小林の悩み(3)

 あの後、奥の席に田島さんと私も呼ばれ、結局、会の終わりまでおじさん方の卓で飲むこととなった。最初は嫌がっていた田島さんだったが、いざとなると、おじさん方とノリノリで話して場を盛り上げていた。こういう場で人を楽しませたりすることができるのが、田島さんのいい点であり、うらやましいところである。自分はその隣でお酌をしながら、うまく相槌を打つので精一杯だった。岸谷さんは課長、部長たちとずっと仕事の話をしていた。こういう場でしっかり意見が言えるところが、やはりかっこいい。  忘年会が終了し、会計を済ませ、居酒屋の外に出ると、参加者が入り口でたむろしていた。明日も平日でまだ仕事があるため、二次会はなしで、ということだったが、おじさん方は各々次どこで飲もうかという話をしている。熊谷さんが、お店から出てきた私に気づくと、その場から大声で「小林はどうする? 二次会行くか?」と聞いてきてくれた。 「すみません。せっかく誘ってもらって申し訳ないのですが、今日はもう失礼させて頂きます」  「そうか……」と、残念そうにする熊谷さんに、お疲れ様です、と一礼をして、そのまま入り口前の一団から離れた。  有楽町駅に到着して改札をくぐり、階段を上り切ってホームに出る。有楽町駅のホームは、少し高い場所から駅周辺を見下ろすことができる。高架の下には、居酒屋や牛丼屋、ドラックストア、カフェ、宝くじの販売所などが並んでおり、それぞれが全く雰囲気の違う光を放っている。ホームに出て右側には、大型の家電量販店がそびえ立っており、電球で光る店の看板や、ポスターのライトアップが、駅のホームをも照らしていた。  駅の電光掲示板を見ると、時間は午後十時十二分。次の電車まであと十分ほど時間がある。家電量販店の壁に向かい合うような形で、ホームの真ん中にあるベンチに座った。緊張の糸が一気に切れ、仕事と忘年会の疲れが一気に体を襲う。背もたれに体を預け、首を後ろに倒すと、マフラーで守られていた首元が少しあらわになり、十二月の冷たい空気が首元に流れ込んできた。火照った頭が冷やされるようで、とても気持ちいい。そのまま目をつむって寝てしまいたくなる。 ――小林君もっと欲出してやりたい事、言ってくれていいんだよ ――小林君真面目過ぎるところあるからなぁ ――そういうの、言えるようになったら、仕事も楽しくなるよ  ふと、熊谷さんに言われた言葉を思い出す。目標設定シートを書き始めて三週間、ほとんどの項目は三日ほどで内容は固まったが、最後の『将来の展望』はいまだに埋められていない。  提出まであと二か月ほどある。あと二か月で、自分がしたい事が何か、なぜそれをしたいのかを決めて、説明できるようにならなければならない。  恐らく、適当に書いても何も言われないだろう。ただ、ちゃんと書けるようにしなければ、という焦りがあった。やりたい事がない、という状態が、先が見えないようで、すごく不安だった。  ホームの屋根を眺めながら、勤務中に調べた社内資料や社内ポータルの情報に何か自分の興味があるものがなかったかと記憶を辿る。 「――まもなく、一番線に、各駅停車、大宮行きが、参ります。」  電車の到着を伝えるアナウンスが流れる。いつの間にか電車が到着する時間となっていた。巡らせていた思考が止まり、一気に現実の世界に引き戻される。ベンチに預けていた体を起こし、立ち上がってホームドアの前に並ぶ。家電量販店の壁から放たれる活気を帯びた光が、疲労した体に刺さっってくるように感じた。光を避けるように、マフラーに顔をうずめる。  到着した電車の中は、仕事帰りか、飲み会帰りだろうという人がまばらに座っていた。中には疲れ切っているのか、スマートフォンを片手に持ちながら、大きく船をこいでいる人もいる。  端の席に座り、顔を擦り付けるように席の衝立にもたれかかる。リュックのポケットに突っ込んでいたスイヤホンを取り出し、耳に入れる。スマートフォンを取り出し、ミュージックアプリを開くと、画面には「ミュージシャン:MAI 曲名:メジルシ」と表示されていた。再生ボタンを押すと、ゆっくりとした、励ますようなバラードが耳の中で流れだす。  私の大好きな曲である。 ――ちゃんと考えなければ。  衝立にもたれかかった体の上に、今日の疲れがまたのしかかってくる。意識が少しずつ遠くなり、目が重力に逆らえなくなる。顔に触れ衝立の、無機質な冷たさが心地いい。耳の中で流れる曲は聴きながら、その日はそのまま電車の中で眠ってしまった。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!