第一章 新章、大宮

1/1
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/55ページ

第一章 新章、大宮

 異世界なのかどうなのかわからないまま、ここは日本、そして世界は水に沈んだと思いながら埼玉県を作り上げてきたものたち。 最初の四人、獣医、内田裕也、高校生、佐野雪乃、フリーターでコンビニ店員、前島統太、そしてサラリーマンだった山下正。 生きるために、いや、ここで生き抜こうと決めてから、一人、また一人とこの島に人が集まりだした。 西暦2016、日本暦平成二八年十一月一日 この翌年一月暦をこちらの物にして埼玉はサイタマ暦、元年とした。 数か月後落ちてきたのは山下の働いていた会社があったビル。 そこから助け出されたのは少女一人、彼女は友香という名前しかわからなかった。 数日後、地下に入った雪乃、大きな穴に落ち死にそうになったところを、地下鉄清掃員の小川に助けられ、彼もまたこの世界で生きていくことになる。 そして、彼らは、この島を自分たちの物にすべく長老を立てた。 山下を長老とし、小川、前島、内田、そして唯一この世界の住人ジロをサイタマの市長に任命。 それぞれが家庭を持ち、子供を授かり、この世界は賑わいを見せ始めていた。
/55ページ

最初のコメントを投稿しよう!