1/2
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

 それからしばらく平穏な日々が続いたが、源四郎が来たことで急展開を迎えることになる。  源四郎は挨拶もなく屋敷に乗り込むと、書物を読んでいた虎昌の前にあぐらを組んだ。 「おい。無礼ではないか」  虎昌は頭に血が上り、源四郎の肩を押した。  源四郎は全く動じず腕を組んだ。 「話が違うではないか」 「何がだ」 「謀叛など起こさせないのでなかったのか?」 「その通りだが、何をいっとる」  源四郎は無表情のままだが、その声は怒気をはらんでいる。 「義信様が企てておるぞ」 「馬鹿な。何を根拠にしとる」 「透波が忍んでおると言ったろう」 「具体的な情報があるのか」 「ある。曽根や長坂を呼んで、計画をたてておったことが露見した」 「そんなばかな」  虎昌は肩を落とした。結局、先日の説得は義信に届かなかったのである。  曽根周防は義信の乳母子で、長坂昌国も義信と歳が近く、仲が良かった。しかし、二人とも活力には溢れているものの、老獪さに欠ける若造である。露見するなど当たり前だった。 「御館様に謝罪を申し出ているが、そのときに殺るつもりなのだろうな。当然、面会は拒否しておる」 「そんな……。御館様はどう思っておられるのだ」 「寛大だ。ただし、事は起こしてはならんということだがな」 「そうか」  虎昌はまず安心した。  まだ間に合う。 「止めてみせる」 「前もそう言っておったではないか」 「止めてみせる」  源四郎は立ち上がり、ため息をついた。 「俺は任せることしかできん。しかし兄者。歳をとって丸くなったのではないか」  言いたいことは言いきったのか、源四郎は去っていった。  最後の言葉が虎昌の頭にしこりのように残った。丸くなった。確かにそうかもしれない。昔の虎昌なら義信に拳をふってでも止めたかもしれない。  なぜ丸くなったのだろう。歳月が虎昌の牙を少しずつ削いでいったのだろうか。もしくは。  虎昌は思い出したように鎧櫃から具足を取り出した。赤備えといわれる、兜から脛当てまで赤で統一した具足であり、己の半生を共にした伴侶のようなものである。    一つ一つを床に並べ、つぶさに見た。  どれも年季が入っているが、特に胴丸は酷い。細かな傷が無数にあり、何度も修繕した跡が目立った。朱色の塗料はめくれあがり地の色が出て、その上にまた朱色を重ねて野暮ったい厚みができ、つぶれてヒビが入っている。  虎昌はその割れ目に沿って指をそわせた。 「義信様を止められるか?」  虎昌は具足に話しかけた。当然、返事などない。しかし、数多の傷が答えになっていた。 『お前は武田家のために戦ってきたのだろう。ならば、これからも武田家のために戦うべきであろう』と言われた気がした。 (当然だ)  虎昌はしばらく具足を眺めた。  己の居場所は戦場であり、今の自分を作ったのは槍なのだ。猛虎と恐れられた虎昌は、戦場の中にいる。 (思い出せ。本来の己を思い出せ)  光のような雑念を振り払い、精神を集中させていった。  血が沸く。  虎昌は目をかっと見開くと立ち上がった。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!