津山家、興奮冷めやらぬ

1/1
532人が本棚に入れています
本棚に追加
/87ページ

津山家、興奮冷めやらぬ

「か、母さん! 母さん! 大変だ!」  尋人の父であるブルーエングループ社長・津山紀文(つやまのりふみ)は大慌てで自室から出てくると、キッチンにいた妻・文野(ふみの)の元に走ってくる。 「あらあら、そんなに慌ててどうしたの〜?」  文野は肉じゃがの火加減を調節しながら紀文を見た。 「さっき尋人から電話があって、彼女と挨拶に行きたいから空いてる日を教えてくれって!」  鼻息を荒くし、興奮しながら紀文は話す。それを聞いて文野も大きな声を上げた。 「ま、まぁまぁまぁまぁ! とうとう尋人も結婚ってこと⁈」 「そうだよそうだよ〜! ってことは相手はきっと噂の美琴ちゃんだよね〜! 藤盛と尚政から話は聞いていたけど、やっと本物の美琴ちゃんに会えるんだ〜」  紀文はモジモジしながら、嬉しくてたまらない様子だった。 「日にちは⁈ いろいろ準備しないとよね!」 「ちょっとでも早く会いたいから、来週の土曜日って言っちゃった!」 「あなたってば勝手に……」  文野はリビングのテーブルに置きっ放しになっていたスマホを開き、予定を確認する。 「お母さんの予定もOKよ! それにしてもあの尋人が女の子を連れてくるなんて……なんか感慨深いわねぇ」 「本当だよ。上と下は簡単に女の子を連れてきたのに、尋人は真面目だし仕事人間だし……」 「共学に行けばモテモテだっただろうに、男子校に行っちゃたしねぇ」  二人は揃ってため息をつく。  自分たちがやりたいことを探しなさい、そう子供たちには言ってきた。どちらかといえば自由に育てたら、長男と三男は本当に自由に育ってしまったのだ。  その中で尋人は、 『父さんの会社に興味がある。いつか手伝いたい』 と両親を安心させた。  ただそれが空気を読んでのことなら申し訳ないと思い、何度も尋人に問いかけた。それでも、 『ちゃんとやりたいことだから大丈夫』 と返ってくる。  もっとわがまま言っていいんだよと思いながら、尋人に期待してしまう自分たちもいた。  社内でも尋人の信頼は厚かった。  その完璧人間の尋人がたった一度、心を乱した相手が美琴だったのだ。珍しく仕事に身が入らない。アメリカ行きが決まっていただけに両親は心配した。  尋人から初めて頼まれたのが、尚政を秘書としてアメリカに同行させたいとのことだった。もちろん両親は快諾した。  アメリカでは兄との関係性が良く、仕事も順調だった。  専務の退職が決まり、その席にまずは晴臣に打診した。だが両親が想像した通りの返事が帰ってきた。 『アメリカから出る気はないから』  そして尋人を日本に戻すことになったのだ。  帰国した日の夜に藤盛から電話が来るまでは、誰もが尋人は完璧人間に戻ったとおもっていた。 『尋人さんが来店して、あの方のことを聞いてらっしゃいました。どうやらまだ引きずっているようですね。三年前の席に座って、彼女と飲んだカクテルまで注文して。あれは重症ですよ』  家族全員が絶句した。あの尋人が恋煩いなんて、誰もが信じられなかった。  その後彼女と再会したと報告を受けたが、尚政からの報告に更に家族は絶句する。 『あの尋人がメロメロで、すっごい溺愛してますよ〜! いやぁあの表情とか、おじさんとおばさんに見せてあげたい! 完璧人間の面の皮が剥がれ落ちたところ!』  あの尋人がメロメロ? 溺愛? 尚政が爆笑するくらいだから相当なものだろう。  家族は次第に興味が湧いてきた。早く美琴に会いたいと思っていた矢先、尋人からの電話が来たのだった。 「尋人には家のことでいろいろ苦労かけちゃってるからね、幸せになってほしいねぇ」 「本当よ。あの自由過ぎる兄と弟に挟まれて、かなり我慢させちゃったもの」 「尋人をメロメロにした美琴ちゃん、どんな子だろうね。藤盛は真面目でかわいいお嬢さんって聞いたけど」 「キャサリンはハキハキしててキレイ系、ザ・ニューヨーカーって感じだから、また違うタイプなのね。男兄弟だから、女の子が来ると華やかになるわねぇ」  早く尋人の面の皮が剥がれ落ちるところを見たい……というのが二人の本音だろうか。  二人は顔を見合わせると笑い合った。
/87ページ

最初のコメントを投稿しよう!