プロローグ

1/4
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/126ページ

プロローグ

 高校一年にしてはじめて本気の夢を見つけた。  初恋のように浮き立つこの気持ちは、光の矢の速さで宇宙までも飛んでいきそうだった。  でもその実現の前には幾重にも大きな壁が立ちはだかっていて。例えるなら氷河期とか、隕石の衝突とか、それらはあたしにとっては地球の歴史なみに困難なものだった。  ――と、あたかも理系女子(リケジョ)のように地学の例えをつかって説明してみたのは、とりあえず一番手前の難関が『理系科目』。中でも苦手な理科を得意にするってことだったから。  とくに、中学のときの理科のテストの成績は、平均点ぎりぎりか下手したら下回ることもあったくらいで。  このままじゃいけない。  そこであたしは、一世一代の賭けに出た。 「先輩。――お願いがあるんです」  その相手に、彼――通っている(とばり)学園高校二年で、同じ天文学部の待夜冥都(まちやめいと)先輩を選んだのは、ふだんから話しやすくて、後輩のあたしたちにも丁寧語で話すくらい、優しかったから。  次に、成績も抜群なんだって噂もきいたから。
/126ページ

最初のコメントを投稿しよう!