第1話 結婚

1/6
3580人が本棚に入れています
本棚に追加
/226ページ

第1話 結婚

「ご結婚おめでとうございます。月子(つきこ)お嬢様」 「これで楠野(くすの)家も安泰ですね」 そんなお祝いの言葉をかけられても戸惑うだけ。 みんな、私の気持ちなんて誰一人わかってくれない。 和食チェーン店『楠野屋(くすのや)』の長女として生まれた私は今日、政略結婚をする。 雅楽の演奏に三々九度、神前式を終えて今は親戚が集まる料亭でお披露目の人前式らしいけど、普段、人と関わらないせいか、この場にいることが辛い。 人が多すぎる……。 大勢の人の目にさらされることが苦手な私には辛くて泣きそうだった。 それに私が思い描いていた結婚とは全然違う。 どんな結婚がよかったかって? それは――― 乙女ゲーム『ときめく乙女のエンゲージラブ』略して『ときラブ』!! 憧れの人と思い出の教会でウェディングドレスを着てエンディングを迎える王道中の王道ストーリー! そんな乙女ゲームのような結婚を夢見ていた―――って三十近くにして何言ってんだ?この女って思うよね? 私もそう思う……。 彼氏いない歴年齢にして恋愛経験ゼロ。
/226ページ

最初のコメントを投稿しよう!