好きをわすれないで

88/91
250人が本棚に入れています
本棚に追加
/91ページ
「綺麗だとは思えねぇなぁ」  サーッと頭が真っ白になる。断られた。そう思ったら、ショックを通り越して何も考えられなかった。  そのとき、バシッと背中を叩かれた。柚一の手だ。 「おまえ駆け引き下手くそすぎ。つーか痒くなってくる。ダサい」 「え」 「そんなことより俺は寒い」 「え、え」 「しかもイルカに頭から水ぶっかけられて、さっきからずっと鼻の中がくさい」  柚一はずんずんと駅の方へと歩き始める。真翔は急いで追いかける。自分より背丈が小さいというのに、大股で歩く柚一の歩くスピードは速かった。  男の足が速く前へと進んでいくものだから、駅にはすぐたどり着いた。  大きく並んだ『東口』の文字下を(くぐ)り抜け、柚一の背中が駅ビルの中へと吸い込まれる。真翔は絶望感を肩に乗せたまま、柚一についていくしかなかった。  けれど駅口内に入った柚一は、どの路線の改札にも目を向けない。ひたすら真っ直ぐに駅構内を進み、真翔はそんな男に続いた。そして気づいた時には、柚一と一緒に再び外に出ていた。  真翔は背後を振り返った。駅ビルの出入口の上では『西口』の大きな文字が、自分たちを見下ろしていた。同じ駅の東口から西口に移動しただけのようだ。  本当に寒いのか、柚一はブルッと上半身を震わせて「やっぱ外は寒いな」と肩を抱いた。 「さっきのイルミネーション、俺はべつに綺麗だとは思わなかったけどさ」  寒そうに肩を抱いた柚一が、こちらをくるっと向く。吐く息が白かった。 「可愛いとは、思ったよ」  「おまえは?」と窺うように首を傾げる柚一に、ドキッと胸が高鳴る。熱いものがこみ上げてきて、寒さも忘れそうになった。 「お、俺は……っ」 「あーやめやめ。やっぱ『らしく』ねぇな」  柚一はふっと笑う。 「今言う話じゃねぇかもしんないけど、『マナ』はわりとうまかったよ。ストレートに好きだとか言えるくせに、駆け引きもうまかったし」  ズキッと胸に痛みが走る。だが、思いのほかしっかりと立てている自分がいた。マナの話をされるのはしんどいと思っていたのだけれど。 「あれ、なんだ。意外と平気だったか? もっと傷ついた顔すんのかと思ってたのに」 「柚一がしろって言うならする」  柚一は「ばか、言うわけねぇじゃん」とやんわりと否定する。 「でも……そっか」  それはまるで独り言のようだった。 「なにが?」 「いや? おまえはおまえなんだなぁって。久々に今日会って、改めて思った」  柚一の口からさらっと出た、そんなありきたりな言葉。なぜだろう。その言葉を耳にした時、たまらなく胸がざわついた。  ずっと喉の奥でくすぶっていた、けっして小さくはない骨。それがすとんと胃に落ちたようだった。 「なに当たり前のこと言ってんだって感じだよな……って、えっ、なに。泣いてんのか!?」  柚一があわあわと慌てだす。 「泣いて、ない……っ」  そうだ。自分は泣いていない。でもなぜだか涙が出てくる。きっとこれは自分の涙じゃない。好きになった人が自分という存在をやっと認めてくれて、嬉しくて泣いてるんじゃない。  真翔はかつての自分を想って泣いた。一年前、事故で突如愛する人の前から消えなくちゃいけなかった『マナ』を想って泣いた。  さぞかし悔しかっただろう。柚一に冷たく当たる自分を見て、歯嚙みしていただろう。  しょせん想像でしかない。だが、真翔は初めてマナに同情した。恋人と引き離されたマナのつらさを、自分の中に探そうとした。 「……すまん」  声を震わせながら、柚一が謝る。 「そ、……じゃなく、て……」  そうじゃない。柚一が謝る必要なんてどこにもない。  誰がなんて言おうと、この涙は『マナ』のものなんだから。
/91ページ

最初のコメントを投稿しよう!