思い残したお母さん

1/10
15人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
 アパートの玄関を開けると母さんが来ていた。 「あ、栄太郎(えいたろう)、久しぶり」   「あ、母さん、久しぶり」  言ってから俺は二度見する。 「か、母さん?! 死んだんじゃなかったっけ?」  驚く俺に母さんは少し照れたように言う。 「えへ。母さん、思い残しちゃったみたい」  はあ? 思い残した? 何だよそれ。  そう思いながら、俺はまじまじと母さんを見る。  うん、普通に母さんだ。別に怖いとかはないし、変なところも……いや、変なところはある。なぜアロハシャツなんだ? 「ああ、これ? なんか、あの世からこの世に来るのってヴァカンスらしいのよ。閻魔大王のセンス」  うわ、幽霊にアロハ着せるとか、何だよそのセンス。でもまあ、女性にしては体格のいい母さんには似合っていなくもない。 「あら、アロハって素敵なのよ。ハイビスカスは現地ではフォーマルにも使える柄なんだから」  あ、そうなの?  「女性用のムームーっていうドレスタイプの物もあったんだけどねえ。母さん全然似合わなくって、こっちにしてもらったのよ。素敵でしょ」  何にしろ、母さんはアロハシャツが気に入っているみたいだ。  母さんは花びらのたくさんついた首飾りもつけている。しかもやたらと長くて、ふとももくらいまである。 「あ、これ? レイって言うのよね。閻魔大王が言うには、思い残したことが多い人ほどレイが長いんですって」 はあ?! じゃあ、母さん、めっちゃ思い残してるじゃん!?  母さんは定年退職を半年後に控えた先月、職場で脳梗塞で倒れてそのまま死んだ。  そりゃあ、思い残したこともあるだろう。今まで仕事ばかりだったから、定年後に遊ぼうとか旅行に行こうとか、いろいろ考えてたはずだから。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!