20(最終章) 希望の未来

6/7
2777人が本棚に入れています
本棚に追加
/250ページ
「ノウハウ? そりゃ、お安いご用だけど……。でも、どうして? ……まあいい。後でな」  けげんそうな顔をしたものの、急いでいたのだろう。稲本は、慌ただしく出て行った。陽介が、眉をひそめる。 「蘭、もしかして仕事に復帰する気か?」  うん、と蘭はうなずいた。 「俺、記者の仕事に戻りたいと思ってるんだ」 「いや、しかし……。出産したばかりだろう。おまけに、双子だ。いくら俺が手伝うといったって、海の世話だってある。無理はするな」 「でも、前から決めてたんだ。出産したら、仕事に復帰しようって。勲先生への、返済もあるし……。実はもう、保育園は探してある」 「ああ、もう……。言い出したら聞かないんだから」  陽介は、あきれたようにため息をついた。蘭は、そんな彼を見つめて、静かに告げた。 「それに。早速、追いたいネタがあるんだ。……。俺の実の父親の、死の真相だ」  陽介は、息をのんだ。 「蘭。気持ちはわかるが、止めておけ。それは危険だ。父親と同じ目に遭ったら、どうする?」 「いや、これは譲らないぞ」  蘭は、激しくかぶりを振った。 「俺の魂は、やっぱり記者なんだ。真相を解明し、事実を世に公表することが、俺の天命だ」  陽介は、しばらく思案していたが、やがて決意したようにうなずいた。 「……仕方ないな。それなら、応援しよう。……俺が惚れたのは、蘭の、そういう大胆で、勇敢で、そして正義感にあふれたところなんだから……。安心しろ。俺はずっとそばにいて、君を守ってやる」
/250ページ

最初のコメントを投稿しよう!