俺と彼女

1/4
89人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

俺と彼女

「ねぇ、覚えてる?」  隣で彼女が囁く。  女はいつになっても記念日とか、そういうものが好きだ。彼女もそうだった。 「あー、うん、覚えてるよ」 「なぁに?」  期待の膨らんだ声に、俺が考えた。結婚記念日はまだ先、彼女の誕生日だって今日じゃない。そんなビッグイベントなら忘れてた時点でアウトだ。プレゼントを用意してないことが分かった瞬間、泣いて怒鳴られるだろう。  それなら、初めて付き合った日? 違うな、あれは寒い冬だった。なら、初めてキスした日か? いやいや、雨は降ってたが梅雨じゃなかった。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!