【第一部】1

1/32
7613人が本棚に入れています
本棚に追加
/329ページ

【第一部】1

「そうそう、先日の提案を企画課のほうにも上げてみたんだけど、好感触だったよ、芦川さん。さすが目の付けどころが違うね」 「あぁ、その件については、芦川さんじゃなきゃダメだわ。あそこの取引先は、芦川さんご指名だからさ。あ、いたいた、ちょうどいいところに」 「芦川さーん、取材依頼がきてます。えーと“新興国の健康意識の変化”についてだそうです。芦川さんのスケジュール的には……」  廊下からフロアのデスクに着くまでに、何度も呼び止められる。ようやく話が終わって椅子に腰掛けると、今度は斜め前でパソコンをカタカタしている塩顔の男が、 「アイドルみたいですね」  と、ひとり言のように聞いてきた。 彼は穂高(ほだか)君といって、海外赴任から半年前に戻ってきた、私の6つ下の後輩だ。前髪が長いから、目が合っているのかもわからない。 「ありがたいことだわ」  マイボトルのホットルイボスティーをひと口飲んだところで、また背後から肩を叩かれる。 「芦川さん、月次の営業報告の件でちょっと相談したいのですが」 「わかった。スタンディングデスクがちょうど空いてるから、そこで話そう」
/329ページ

最初のコメントを投稿しよう!