母が恋に落ちたとき……

3/9
56人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
17時。 仕事を終えた私は、スーパーに寄り、買い物をする。 今日は長女が食べたいって言ってた麻婆豆腐にしよう。 豆腐と挽肉と…… 材料を次々とかごに入れていく。 支払いを済ませると、急いで家路に()く。 「ただいま」 私が玄関を開けると、 「おかえり」 とリビングからかわいい声がする。 次女の美結(みゆ)だ。 「お姉ちゃんはまだ?」 私は冷蔵庫に買い物したものをしまいながら尋ねる。 「うん」 美結は宿題のドリルをやりながら、答える。 すると、ふと顔を上げて、 「お母さん、あのね、今日ね……」 と話し始めた。 来た来た。 いつものマシンガントーク。 10歳5年生の美結は、私が帰るまで1人で留守番しながらちゃんと宿題も出来るいい子だけど、女の子だからなのか、話したいことがたくさんあって止まらなくなる。 友達のこと、先生のこと、1日の出来事を全部吐き出そうとするかのように話していく。 「美結、手が止まってるわよ。勉強終わせてから、話したら?」 私がそう言うと、美結はハッとしたようにおしゃべりをやめてノートに向かう。 けれど、3分もしないうちに、またおしゃべりを始める。 これはもうしょうがないのかな。 私は苦笑いをこぼしつつ、晩ご飯を作りながら、次女の話を聞く。 そうこうしているうちに、13歳中学2年生の長女が部活動を終えて帰宅した。 女子が2人揃うと、にぎわしいことこの上ない。 私は娘たちの話に相槌を打ちながら、家事をする。 19時を回り、主人も帰宅した。 家族揃っての夕食。 円満な家庭。幸せな家族。 (はた)からはそう見えるだろう。 実際、そうだと私も思うし、家族全員がそう思ってるに違いない。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!