お休みジャンヌ

1/4
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
 男は油塗れの顔を上げて、トンネルの入り口を見た。  破棄されて久しいこのトンネルは、男の作業場だ。  机に置いているラジオが、回収対象となったアンドロイドの型番を淡々と読み上げている。  男はラジオの音量を下げて、耳を澄ました。  ざりざり、と何かを引き摺る音が聞こえて、男は目元の深い皺を擦りながらため息をついた。 「廃品回収されたくなかったら、奥まで来い」  一度音が止まって、今度はこちらに近づいて来た。  姿を現した黒い影は、かろうじて人の形をしていた。  車にでも轢かれたのか、右半身の肌が剥げて機械部分が露出し、右足を引き摺っている。  左半身には長い金髪に青い瞳の、可憐な少女の面影があった。 「お邪魔します!」  少女の快活さと不協和音が混ざった不気味な音声が、薄暗いトンネルに響く。 「静かにしろ」 「すみません」  男は上から下まで視線を走らせて、 「ちょっと前に流行した、星座の名前がついたアンドロイドか。その椅子に座ってろ。ここにある部品で歩けるようには修理してやる」 「ありがとう、お爺さん!」 「お爺さんじゃねぇ。ギデオンだ」 「ありがとう、ギデオン。私はジャンヌだよ」  ジャンヌと名乗ったアンドロイドは、よいしょ、と重い荷物を降ろすようにして椅子に腰かけた。  ギデオンはそれを横目に見ながら、トンネルの奥へ向かった。そして、無造作に積み上げられたダンボール箱の中から、手際よく必要な部品を取り出していく。 「名前までつけてもらったのに、山に捨てられたか。心ないやつもいたもんだな」 「違う、ジャンヌは捨てられてないよ」  ジャンヌは、むっと唇を尖らせて、不満そうに左足を揺らしている。  左半分だけを見れば、少し生意気な人間の少女にしか見えなかっただろう。 「私ね、探しものをしているんだ。なんだと思う?」 「興味ねぇな」  ギデオンは工具と部品を乱雑に地面に転がして、ジャンヌの前に屈みこんだ。右膝の欠損部品を補充すればすぐに歩けそうだ。 「人間になる方法を探しているの」 「そりゃすげぇ」 「どうやったら人間になれるかな?」 「勇気を持って、正直で優しい性格になれば人間になれる」  どこかで聞いた物語の台詞を言ってやれば、ジャンヌは顔を輝かせた。 「それで人間になれるの!? そっかぁ、ジャンヌはほとんど人間に近づいているね!」 「自信過剰なアンドロイドだな。こら、足を動かすな」  ギデオンはジャンヌの右足を掴み、右膝の部品を固定する。これだけでも歩行は問題なさそうだ。  ジャンヌはうきうきと横に揺れて、 「ジャンヌが人間になったら、ママのもとに戻れるの。きっと寂しがっているから、すぐに戻らないと」 「そうかい。一応、心臓も点検するから後ろ向け」 「はぁい」  ジャンヌは素直に背中を向けて、ボロ布に成り果てたワンピースを脱いだ。  背中には銃創があり、人間の心臓部分にあたる場所を貫通している。  懐中電灯をつけて損傷具合を把握したギデオンは、特に処置を施すことなく工具を机に置いた。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!