海の女

7/11
316人が本棚に入れています
本棚に追加
/528ページ
遠目で見ても分かる。 間違いなく彼女だ。 しゃんと伸びた背筋と柔らかそうな髪、あの髪に触れてみたいと何度思ったか。 ウェットスーツ姿しか見たことがなかったので、服を着た彼女はまた一段と綺麗だ。 いつまでも足を止めて見ていると変な人だと思われてもいけない。 どくどく音を立てている心臓を収さめようと、自販機を目指す。 自販機でブラックコーヒーを買うと一気に飲み干す。 まさか、こんなところで会えるとは思ってもいなかった。 展示会が終わるまでにあと、2日ある。 2日の内にどうするか考えよう。 彼女のお店の名前を確認するのを忘れたので、戻る途中でお店の名前を確認して頭に刻み込む。 彼女と再会したこの日は全く仕事が手につかなかった。 ようやく長い一日が終わる。 彼女のお店に目を向けると、もう姿はなかった。 「お疲れ様でした。また明日もよろしくお願いします。」 スタッフに声をかけて、片づけを済ませて車に向かう。 車に乗るとすぐ、スマホを取り出す。 頭に刻みこんだ店の名前を検索する。 一番初めに出て来たワードを開いてみる。
/528ページ

最初のコメントを投稿しよう!