亡郷の姫 ~あの国に手を出してはいけない~

敵国の謎が少しずつ明かされていきます。舞台は12世紀頃の欧州。敗戦国の姫が命を差し出すところからこの物語は始まります。

藤村砂希

恋愛 完結
3時間27分 (124,044文字)
この小説は、登場人物の容姿や情景等の描写がほとんどありません。自由に想像しながら読み進んで頂ければと思います。

53 1,199

あらすじ

騎馬隊300、槍隊200、弓隊300を残していたのだが、我軍の攻撃は、まったく歯がたたない。私は落城を悟り、王の広間の窓から敵軍のモンスターの動きを眺めていた。黄色いモンスター、あれはゴーレムだろうか

感想・レビュー 3

面白かったです。

単純な感想になってしまい恐縮ですが、面白かったです。 毎日楽しく読ませていただきました。 明日から姫様のドタバタを見れないと思うとちょっとしたロス感があります。 姫様は結局は幸せに落ち着いたのではな
ネタバレあり
2件1件

姫さまの空回りが秀逸な作品♪

ある日突然、戦争の最中に父王から王位を譲られた(押し付けられた?)王女クレア――― 舞台設定は中世ヨーロッパを模していますが、架空の国々で構成されているオリジナル世界。 冒頭、どんな戦闘シーンが描かれ
ネタバレあり
2件1件

最終話の前ですが

アース帝国という地球を冠した国名やタイトルそのものなど、次々と伏線が回収されていき、楽しいです。 欧州を始め、地球の各地域はリアルの名前を使われているにもかかわらず、国の名前は完全にオリジナルなとこ
ネタバレあり
2件1件