それは雨と共に

1/3
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
「あの、覚えていますか?」  急に降り出した雨。  慌てて飛び込んだ書店の軒下で、私は声をかけられた。 「あの日助けてもらった鶴です」  高校生くらいのその少年は、はにかんだように笑って私に畳んだビニール傘を差し出した。 「鶴さん?」 「はい」  私がぽかんとしていると、少年は再び傘をぐっと差しだしてきた。 「使ってください」 「あ、はい」  慌てて傘の柄を握ると、少年はホッとしたように頷き、土砂降りの雨の中を走り去って行った。     雨が降っていなかったら、あの少年は白い羽根で飛んで行ったのかしら。  少年が去った方を見つめながら、私はぼんやりそんなことを思った。現実逃避万歳。  きれいだろうな。商店街の外れの、小さな書店の軒下から飛び立つ大きな鳥の姿は。  職場のパワハラ、上司からの嫌がらせのせいで心も体も壊し、今日仕事をやめてきた。  生きるのもやめようかと思ってた。ほんの5分前までは。  でも、課題が出来たから、それもできない。私はあの鶴に傘を返さなければ。  だって私は多分、まだ一度も鶴を助けたことがない。  あの鶴を探して、伝えなければ。 「人違いですよ、でもありがとう」、って。         ***
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!