プロローグ

1/1
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/85ページ

プロローグ

『春が好き』  太陽の光が降り注ぐ中。舞い散る桜の花びらに向けて手を伸ばしながら、『彼女』は言った。 『この大地に新しい命が芽吹く季節だなって、感じる。この星が生きているって、感じる』  くるくるはねた赤毛が、春の光に照らされて、きらきらと輝く。 『いつか子供が生まれたら、「春」を使った名前をつけたいな』  お前はまだ若いのに気が早い。  そう告げたら、『彼女』は、『おや』と少し明るめの茶色い瞳を細めた。 『わたしはもう大人の仲間入りの歳。そういう話をしたって、いいじゃない』  そういうことじゃあない。  自分から見たら、『彼女』はいつまでも子供で、危なっかしい、守らねばならない存在だ。なのに、『彼女』はひらりはらりと自分の思惑の手をすり抜けて、先へ先へと進んでいってしまう。  先の話なんてしないでくれ。  離れていってほしくなくて、思わず差し出した手は、(くう)をつかんで。 『彼女』は、自分の手の届かない遠くへ、行ってしまったのだ。  やはり陽光ばかりがまぶしい、春の日に。
/85ページ

最初のコメントを投稿しよう!