笑顔の理由

1/6
835人が本棚に入れています
本棚に追加
/191ページ

笑顔の理由

気付くといつも笑ってる。無理してるつもりは全然なくて、もう地顔が笑ってるって自分でも思うくらいにさ。 笑い上戸っていうのかな。なんかちょっとしたことでも可笑しくて、それを我慢できなくて。 でも周りに”いつも笑ってるね”って言われるのは大体褒め言葉の方が多かったし、中にはヘラヘラしててイラつくとか言う人もいたけど、大体は好意的だったから……だからどうってこともないけど。だって意識して笑ってるわけじゃないしね。 自分がどうしてこうなったのかって、ちょっと考えたことがある。 多分だけど……結局はそれが一番居心地よく生きていくコツだなって思ったんだと思う。 うちの家族は僕以外はベータで、アルファやオメガってのは少し他人事というか、自分とは関係のない世界の話って感覚が強い人たちだった。 高校一年生になって第二性の発現があった時父さんも母さんもそりゃあ驚いて、だって親戚一同みんなベータだったから……父さんなんか母さんの浮気を疑って、ちょっと険悪な空気になっちゃってさ。 だから僕は自分の体の変化に戸惑いながら、そんな二人を宥めるのに必死だった。 「お父さんとお母さんが女の子が欲しかったから、お兄ちゃんと和香子の間の僕が半分だけ女の子になったのかな」 笑いながらそんな風に言って。そしたら父さんも母さんもそうだそうだ、お前は半分女だ、女の出来損ないだと笑って、正直なところその言われようには傷ついたけど、自分が言い出しっぺだし二人に悪気がないのは分かってたから……だから僕は笑うしかなかった。 幸いなことに僕は最初っからヒートが本当に軽くって、フェロモンの数値もすごく低くて、体的な負担はほとんどと言っていいくらいなかった。 抑制剤も一番軽いので十分だったし、日数も二、三日で済んだし、だから自分でも自分がオメガだってことを忘れちゃうくらいでさ。 だけど……社会的にはそういうわけにはいかなかった。 第二性の診断書は公的書類の提出時には絶対に必要で、どんなに症状が軽くても、ベータと同じように働けますと言っても、外から見れば僕は紛れもなくオメガで、就職活動をしようにも書類選考でまず落ちてしまう。 高校を出たら働くつもりだったのになかなか面接までたどり着けなかった僕は、残念そうな担任や父さん母さんの前で「10受けてダメなら20受けるよ!」と言って、やっぱり笑ってその場をやり過ごした。
/191ページ

最初のコメントを投稿しよう!