1 真夏の夜の怪談パーティー

1/3
48人が本棚に入れています
本棚に追加
/93ページ

1 真夏の夜の怪談パーティー

 真夏の蒸し暑い夜、気ごころの知れた友達同士で集まってお酒を飲み、グダグダとした空気の中、おしゃべりのネタがひと段落した頃には、なんか怖い話でもしようかという会話の流れになるのは、あるあるだと思う。  一人暮らしをしているマキのアパートの部屋に集まった5人の女たちは、それぞれが缶チューハイを片手に小さなテーブルを囲み、近くのコンビニで買ってきたお菓子やおつまみ…そして、テーブルの中央に鎮座しているたこ焼き器から生み出されるアツアツのたこ焼きを、それぞれがむしゃむしゃと食べ散らかしながら、自分のなかにストックされている怖い話…怪談について考えている。  そう、我々は絶賛タコパ中なのである。  しかしもう、夕方からスタートしたいつものメンバーによる楽しいタコパも、深夜22時近くになればグダるのも当然、それぞれの恋愛話も職場での愚痴もそれなりに尽きてしまったものだから、じゃ順番に怖い話でもしようぜってことになり自然と怪談会へ移行したのだった。  夏らしくていいんじゃないの、ということで、カナから順番に怪談を語り始める。  だけども悲しいかな(あるいは幸運にも?)我々は皆、霊感というものがない、だからみんなが絞り出すようにしてがんばって語った怪談も、なんかそれどっかで聞いたことあるわ的な、新鮮味もなければオチも微妙なショボいもので終わり、語り手は次々と撃沈していく。  そんななか当然ながら私にも、何かしらの怖い話を語る番がまわってきた。  いい感じに酔っぱらっている女子4人の期待に満ちた目が、いっせいに私のことを見てくる。  そうしたみんなの輝く瞳を見返しながらも私は、苦笑いを浮かべ「ごめん、なんにも思いつかないや」とすぐに降参した、そんなことしたら、もちろんみんなからのブーイングがライスシャワーのように降ってくるわけなんだけど、それはしょーがない。  霊感なんてさらさらない私は、いい感じに酔っぱらっているみんなを、いい感じにビビらせらるような怪談ネタなんて持っていないのだから。  したがって、なんにも思いつかないやって素直に降参するのも当然なわけなのである。  でも…実は私、とびっきりの怖い話、知ってるんだよね。  しかも私自身が経験した、怖ーい幽霊話。  あんな経験、これからの人生でももうないだろうなってくらいに大スペクタクルな、スーパーミラクルに怖くて不思議な体験。  だけどもこの話、一度話し出すとすっごく長くなるのだ。  だってまずは、うちの先生と、あのひと…例の彼の説明から始めなくちゃいけなくなるから。  だから私はクールな野球選手のようにさらりとバントで自分の番を終わらせたのだ。  
/93ページ

最初のコメントを投稿しよう!