始まりの日

1/3
136人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ

始まりの日

 放送部の千鶴(ちづる)は、下校の放送を終わらせて帰るところだった。  一月も半ばを過ぎたが、帰る頃には既に暗くなっている。今日も一日長かったと思いながら、足早に家に向かっていた。  小さな川を渡るための陸橋に差し掛かった時、一人の老婆が橋の上でウロウロしているのが見えた。  千鶴はその様子が気になり駆け寄っていく。 「どうかしましたか?」  千鶴に声をかけられ、初めは驚いた女性も、中学生の千鶴を見てホッとしたような表情を浮かべる。 「さっきね、ここで小さな鈴ついた根付けを落としちゃったのよ。孫からもらったものなんだけど、暗くなるとわからなくなっちゃって……」  困っている様子の女性を放っておけず、千鶴は一緒に探し始めた。 「ごめんなさいね、もう暗いのに……」 「いえいえ。二人で探せば早いと思うので!」  しかし一向に見つからない。二人の間に諦めの空気が流れ始めた時だった。 「何やってんの?」  自転車に乗った男子生徒に声をかけられた。カゴに大きいスポーツバッグが入っており、そこには英語でバスケットボールの文字が見えた。 「あっ……この方が鈴のついた根付けを落としちゃったそうで、一緒に探してたんです」 「ふーん」    そう言うと男子生徒はカバンからスマホを取り出し、明かりをつけた。 「えっ、携帯は持ってきちゃいけないんじゃ……」  千鶴が言いかけた時、 「そこ」 彼は陸橋の柵を指差す。そこには根付けが引っかかっていた。 「あった!」 「まぁまぁ、ありがとうございます! 助かりました」  老婆は二人にお礼を言うと去っていった。  千鶴も慌てて男子生徒の方を向いてお礼を言う。 「ありがとうございました! 私だけだったらきっとまだ見つかってなかったかも。助かりました」 「別にいいよ。そのかわり携帯のことは秘密にしとけよ」 「も、もちろんです!」  そう言って彼は自転車で走り去っていった。  普通なら無視するような場面。一緒に探してくれるなんて、きっといい人に違いない。まぁ校則破って携帯を持っていたけど、私だって校則破っておやつをカバンに忍ばせてるし。  顔はよく見えなかった。声は少し低くくて、口調はクールな感じ?  なんだろう。ちょっとだけときめいてしまった。
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!