then, after...

1/1
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

then, after...

「ねぇ、やっぱりキスマークつけたい」  そう言うと彼は「ダメだって」と言って逃げる振りをした。  ふざけ合いながら彼をつかまえ、首筋に思い切り吸い付いてみる。  勢いよく吸いあげてはみたものの、男の人の肌にはなかなかキスマークが残らない。 「藍、今までキスマークつけたことないの?」 「うん」  こうやるんだよ、と彼が私の首筋に吸い付く。  鈍い痛みとともに、彼がキスマークを付け慣れていることを暗に知り、柔らかな嫉妬が滲み出る。  キスマークをねだるたび、きっと私は心を苦しくする。  あなたが、今はもう跡形もなく消えたキスマークを、何人もの肌に付けてきたことを想像して。  それは決して表に出ることのない、キスマークのミルフィーユ。消えゆく独占の証が重なるほど、女は秘密主義になっていく。 了
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!