ただ、君を恋ふ -萩と白露-

「あなたが見せてくださる夢は、なんと甘美なのでしょう」紡がれるは、たおやかに儚い泡沫の恋。【美貌の皇子との運命の出逢い】

冴月希衣

恋愛 完結
41分 (24,218文字)
【美貌の皇子との身分差の恋物語】web未公開の書き下ろしを加えた完全版。期間限定で全体公開します。

33 180

あらすじ

 清澄な秋の朝。咲き揃う萩を愛でるように、花弁に顔をすり寄せる鹿の群れ。甲高い鳴き声が共鳴し合う朝靄の中、ふたりは出逢う。 「名は、告げられません。どうか、このままお捨て置きくださいませ」 「あなたの

感想・レビュー 1

切なくて甘くて、とても美しいお話でした。

甘く切ない、身分の差が壁となる大人の純愛。 儚げで、言葉一つひとつが品があり美しく、魅了され、一気に引き込まれました。 心理描写がとても丁寧で感情移入してしまい、胸が張り裂けそうなほど、悲しい気持ち
ネタバレあり
2件1件