1.愛に溺れて鰓呼吸

1/1
88人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

1.愛に溺れて鰓呼吸

 ベッドの上で、窓辺から差し込む光にとろとろと微睡む。彼にとって久しぶりの自然光が心地よかった。だがそれは、寝室に戻ってきた同居人の手によって遮られる。 「あ、ごめん。レイ。眩しかったでしょう」 「ううん。たまには日向ぼっこもいいかなって」 「でも、せっかくの白くて綺麗な肌が焼けちゃう」 「田畑さんは過保護すぎるよ」  レイと呼ばれた青年は苦笑する。そう言いつつも、田畑の白髪交じりの頭を両手で抱いて、じゃれるように額を擦り合わせせた。 「しょうがないなあ」  田畑はその額にキスをしてから、カーテンを開けた。 「今ごろ、大学は昼休みかなあ」 「……思い出しちゃう?」  表情を曇らせるレイの頭を、田畑は優しく撫でる。 「もういいんだよ。理不尽な教授も、わかり合えない学生らも、無理解な家族だって、もうレイとは何も関係ないんだ」 「そうだった。もうレポートもしなくていいんだなあ」 「うん。何も悩まなくていいんだよ……キミが『レイ』になったからには」  青年の笑みは未だ、どことなく切ない。青年は『レイ』より前の名前を思い出そうとして、それが忘却の彼方に去ってしまったことを再確認した。きっと田畑が毎日くれるサプリに、記憶を消す効果があるのだ。青年が人間として挫折したとき、彼を拾って、温かい風呂に入れて、美味しいご飯を食べさせ、ふかふかのベッドで寝かせてくれたのが田畑だった。  それから彼は田畑のものだ。 「レイ。やっぱりカーテンは閉めよう。キミの世界はこの部屋だけだから」  レイは返事の代わりに、田畑の唇に口付ける。彼の首輪に繋がる鎖が、重い音を立てた。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!