17.家族ごっこも悪くない

1/1
88人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

17.家族ごっこも悪くない

 レイが田畑と暮らすこの家には、レイの入ったことのない部屋が幾つもある。  一日中寝かされているベッドが置かれているのが「レイの部屋」だと、レイ自身は認識している。レイの部屋には簡易トイレも置かれているため、他に足を運ぶのは風呂場くらいだ。風呂場へ向かう廊下には階段があるので、恐らく二階にも部屋があるのだが、レイはそこに行ったことがない。  レイの生活範囲が限定されているのは、飼い主である田畑の判断である。あくまでレイを「監禁」しているのだから。そのためにレイの部屋には外側から鍵がかかるし、レイは首輪と鎖でベッドから離れられない。  その日、レイの頭にふと疑問が浮かんだ。 「田畑さんはどこで寝てるの? 二階?」 「そうだね」 「一人で?」 「うん、そう」 「家族は、いないの?」 「……そうだね。今はいない」  レイはこの家の中で、田畑以外の人間に会ったことがなかった。廊下の長さや部屋数の多さから、レイはここをかなり広い屋敷だとみていた。そんな所に一人で住んでいるのか。 「田畑さんはもうずっと一人、なの?」 「……うん。ここは元々、僕の両親の家なんだ。二人が死んで僕のものになった」 「それは、寂しいね」 「寂しいけど、両親には感謝しているよ。家があるから君を養うことができる」  田畑は柔らかく笑って、レイの髪をすいていく。 「レイがいるから、今の僕は寂しくないよ」 「……そっかあ」  ふわりと微笑むレイを見て、田畑は「ペットも家族の一員」というフレーズを思い出していた。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!