プロローグ。

1/17
60人が本棚に入れています
本棚に追加
/287ページ

プロローグ。

私の名前は、青山鈴音(あおやますずね)28歳。 友達は結婚する人が多く、完全に出遅れた感じではあるけど…そんな私にも先月、彼氏ができた。 実に8年ぶりのお付き合いで…男性、というのを諦めかけていた。 そんな私は女子力(・・・)の欠片もなかった……女の子らしいスカートは絶対履かなかったし、可愛らしい服も着なかった。 化粧もしないし、マスクで顔を隠して生活していた。 でも、そんなある日……「すずが良い!君が好きなんだっ!」と映画のワンシーンみたいな告白をされた――というのは理想で、本当は「ぼ、僕は…君がごにょにょごにょ……」という告白で、最初何言ってるのか分からなかった。 「日本語喋りなよ」 なんて、冷たい言葉を言ってしまったくらいだ……でもその言葉を訊いた彼は勇気を振り絞った。 「ぼ、僕は……君が好きにゃんだー!」と噛みながらも告白をしてくれたんだ。 だから私も……「私も好きにゃんだー!」とオーケーを出した。 うそ、今のうそ。 私はそんな柔軟じゃない……私の性格は彼氏も8年もいなかったからか、そんな明るい性格ではないのだ。
/287ページ

最初のコメントを投稿しよう!