40.それぞれの未来

18/24
465人が本棚に入れています
本棚に追加
/826ページ
(そう)ちゃんの、意地悪っ」 「だって結葉(ゆいは)、そのまま寝ちまいそうだったんだもん」  語尾の〝もん〟がやけに可愛く思えて、結葉は怒るのも忘れて思わず笑ってしまった。  と――。 「あ、……やだっ!」  仰向けに寝そべったままの結葉の蜜口から、トロリとお尻に向けて生暖かいものが溢れ出る感触がして、結葉は慌てて入り口をキュッとすぼませる様に力を入れた。 「どした?」  想が、そんな結葉を見てキョトンとして。  結葉は涙目になりながら想に謝罪した。 「ごめ、なさっ。せっ、かく想ちゃ、が中に沢山く、れたのに……笑っ、たら……溢れてき、ちゃった。……赤ちゃん、出来なく、なっちゃ、う……?」  男性の吐精を膣内(なか)に受け入れた経験のなかった結葉は、それがある程度は〝出てきて〟しまうものだとは知らなくて、慌ててしまったのだ。 「溢れ……? って、ああ、俺の精液か」  結葉は敢えてはっきり言わなかったのに、想はあっけらかんとそう言うと、結葉の頭を優しく撫でる。 「バーカ。問題ねぇよ。っていうか普通は出てくるもんだから気にすんな」  ましてや今、結葉の膣内には〝二回分〟の量がたっぷりと注ぎ込まれているのだから。
/826ページ

最初のコメントを投稿しよう!