夕立、傘、白いスカート。

出会いはある日の午後、夕立が降っていた。

畠山こくご

11分 (6,167文字)

6 61

あらすじ

主人公の"俺"は、美術大学の学生だったが、自分の本当に描きたいものがわからず何もうまく描けないどん底の状態に陥っていた。 そんなある日の午後、夕立の中、赤い傘を刺した美しい女性と出会う。 彼女の姿はス

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません