絶好の自殺日和を待つ僕らは

大好きな写真家の風景写真は、「自殺者が見た景色」でした。

植原翠@10月新刊

3時間12分 (115,200文字)
2013年公開の「自殺プランナー」を大幅改変しました。楽しかったです。

22 55

あらすじ

【完結】「椿ちゃん、僕と心中してよ」――。 出版社の編集者兼ライターの桐谷椿は、ひょんなことから写真家・夏目翔弥と知り合う。 彼の写真の大ファンだった椿の喜びも束の間、夏目の風景写真は、「自殺者が最期

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません