プロローグ

1/2
7752人が本棚に入れています
本棚に追加
/205ページ

プロローグ

私には、ずっと忘れられない人がいる――。 高校一年生のとき、同じ学校だった〝彼〟の存在を知った。 同い年で隣のクラス。同級生ということ以外、接点なんてまったくなかった。 サッカー部に入部した彼は、中学時代から注目されている選手だったらしく、高校でもすぐに頭角を現した。 一年生でレギュラー入りし、二年生になる前には先輩たちを差し置いてエースと呼ばれ、県大会では準優勝の立役者となった。 スポーツ万能で、勉強もでき、まさに文武両道。当然モテないはずがなく、ひっそりファンクラブまである……と聞いたことがある。 ただ、当の本人には女嫌いという噂があり、ミスコンで優勝した先輩もアイドルの卵の同級生も、はたまた学年一可愛い後輩にもまったく興味を示していなかった。 サッカー部のエースという目立つタイプだったのに、どこか物静かなところがあって。周囲とバカ騒ぎするようなことはなく、人気のない場所でひとりでいる姿を見たこともある。 ミステリアスな雰囲気もまた、彼の魅力を高める要素だったのかもしれない。 当時、男子が苦手だった私は、三年生で同じクラスになるまで彼とろくに話したこともなくて、彼の方はきっと私のことなんて知らなかっただろう。
/205ページ

最初のコメントを投稿しよう!