2/3
117人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ
 傘下から夫が顔を覗かせた頃を見計らい、私は両手を控えめに振る。 合図を確認した彼は、息を弾ませて屋根下へ滑り込んだ。 「あ、紗弥(さや)! 間に合ったよ……」 一旦傘を(すぼ)めると、夫は両膝に手を置いた状態でしばし休息を取った。 彼の額には、雨とも汗とも分からない水滴が止め処なく伝う。 「いつも悪いわね。適当に雨宿りするか、濡れて帰るかでいいのに」 「本心では早く家に帰って休みたいでしょ?  俺も息抜きになるし、これが一番いいんだって」 微笑して体勢を整えた夫の背中は、私より一回りも大きい。 出会って間もなく惹かれた寛大さが、未だにそこへよく表れている気がした。  突然の雨の夜に限り、フリーランスの漫画家である夫は 都心のオフィスで働く私を、その脚で駅まで迎えに来てくれるのだ。 私は会社を出た時点で、決まって帰宅の連絡をする。 そこから時間を予測して彼は家を出発するのだが、 何度促しても『迎えに行くよ』と返すのを忘れるようで、 常に余計な不安を抱えさせられていた。  夫と籍を入れてから現在に至るまで、8年の月日が流れた。 交際当初と比べて、見た目も関係性も多少変わったが、 この習慣だけは昔のままに続いている。 とっくに見慣れた夜道でも二人で歩けば、 雨のもたらす漠然とした心細さに、不思議とめげずにいられた。 車を使う方が楽なのだろうけど、 幸か不幸か私たちは二人とも自動車免許を持っていない。 以前から彼には取得を勧めているものの、 折あるごとに忙しい理由をつけて後回しにし、結局行動に移すことはなかった。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!