月華 -Angel of Death-

6/19
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
 警官の交渉は、かなり長い時間続いていた。銃の男は興奮している。    あっという間だった。突然、車内に何かが放り込まれた。目が眩むほどの光。耳が裂けそうな大音響に、身体の感覚が麻痺してぐらぐら揺れた。白い煙が立ち込める。割られるガラス。開いた窓から乗り込む警官達。逃げようと立ち上がる乗客で騒然となった車内。白さの中に響く悲鳴。    パーンッ―――ッ! 銃の発射音。痛さで目が眩む煙の中、それは耳を貫く。  え...? 私の胸から、どくどくと流れる赤い血。まさか。私が撃たれたの?   なんで。どうして私が……?。私は倒れ込んだ。  ピピッピピッピピッー....    目覚まし時計の音が鳴り響く。目覚まし? 手を伸ばして時計のベルを止める。  ハッとして、飛び起きた。 「えっ、あれ……?」 自分の身体中をまさぐる。無い。どこにも怪我が無い。 「夢!? あんなリアルな夢があるの?」  間違いなくそこは私の部屋。どうなってるの、あれが夢だったというの?    納得できない頭で、ふと携帯を手にした。 「一日!? 一時って……」     
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!