ー第1話 行の巻①ー

1/1
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

ー第1話 行の巻①ー

仁義礼智忠信考悌 室町時代。里見家の伏姫と八犬士たちが、様々な敵と戦う痛快娯楽の物語。 『里見八犬伝』 多くの人が知っている。 いや、知っている人だけ知っている有名な物語である。 しかしここに描かれる「里見八ニャン伝」とは、山里外れた里見村を守る為、村長の娘と8人の猫があらゆる敵と戦うスペクタル・アドベンチャー・ストーリー! ・・・と言いたいところだが、どうやらそうではないらしい。 村長の娘・伏夜が、猫の守護神・大猫神様を助けたことによって作られた猫の剣士『八ニャン士』 その八ニャン士は里見村と伏夜を守る任務があるのだが、本当にできるであろうか? 「里見八ニャン伝」は・・・ そんな8人の猫たちの、ドタバタハチャメチャな物語である。 ーーーーー 里見村の村長・似星(にぼし)連太郎の家。 ここには村長の娘の伏夜(ふせよ)と、ニャン太郎が一緒に住んでいた。 伏夜(以下:伏)「おーい、ニャン太郎ー! ニャン太郎はどこー?」 ニャン太郎(以下:太)「はい、伏夜様! お呼びですか?」 伏「お父さんとお母さんがいないんだけど。 どこに行ったかニャン太郎は知らない?」 太「あー! ダンナ様と奥様は、さっき温泉旅行に出かけて行きましたよ。」 伏「(独り言)まったくー! また私を置いて温泉に行きやがったな・・・」 太「(独り言)うっ・・・なんかイヤな予感」 ドーン! 伏「今夜のご飯はー! 一体どうすんのよー!」 伏夜の怒り声は、家から外にまで響いていた。 太「(独り言)あーあ、始まった。 ったく、本当にダンナ様はいい加減なんだからー!」 伏「まったく、旅行に行くなら早く言ってよねー!。 とにかく、今から私は買い物に出かけるから、ニャン太郎は留守番しててね!」 太「はーい! かしこまりましたー!」 伏夜はプリプリしながら、1人で買い物に出かけた。 太「やれやれ。 この家はいつもドタバタしてるよ・・・) すると、ニャン太郎の首に付いている『仁の玉』が光り出した! 太「あ、久々の猫上様(ねこがみさま)からだ! 何だろう?」 猫上「えー、八ニャン士の諸君! 今から私の神社に集まりなさーい!」 説明しよう。 八ニャン士の首に着いている玉は『仁義八行(じんぎはちぎょう)の玉』といい、八ニャン士全員の首に着いていて、玉が光るとお互いが通信できるものであった。 太「集まりなさい・・・? なんだろ?」 ニャン太郎は伏夜に置き手紙をして、里見山にある神社へ向かった。 『伏夜様、すみません。猫上様から呼び出しがあり、今から神社に行きます。 ニャン太郎 』 ニャン太郎が急いで神社に着くと、もう他の八ニャン士が集まっていた。 ニャン丸(以下:丸)「おー、ニャン太郎! おめーは、相変わらず集まりが遅せーなー!」 ニャン蜜(以下:蜜)「ニャン太郎! 久しぶりだね! 元気にしてたー?」 ニャン助(以下:助)「よー、ニャン太郎! いっつも遅いよーん!」 ニャン平(以下:平)「ニャン太郎! 何だ、今来たのかー! あー腹減った!」 ニャン子(以下:子)「おや〜? 太郎〜ちゃ〜ん! 元気だったか〜い?」 ニャン斗(以下:斗)「やあ、ニャン太郎くん! 僕はイケメンだから、君が遅れたって全然怒らないよー!」 ニャン吉(以下:吉)「ニャ、ニャン太郎くん、久しぶり。 ぼ、僕は帰りたい」 太「やあ、皆んなー! 久しぶりだねー!」 丸「ところで、また何で俺たちを神社に呼んだんだー? あのカミオは?」 子「まったくだよ〜。 あたいだって、そんなに暇じゃないんだよ〜) 平「おう! カミオはどこだ! カミオは!」 説明しよう。 皆んなが言っている『カミオ』とは、猫上様の本名・猫山上王(びょうざんじょうおう)のことで、それを『ネコヤマカミオ』と皆んなが勝手に呼び、それからカミオとなった。 猫上「だーれーがー、カミオじゃー!」 神社の扉が開き、中からいきなり白装束(しろしょうぞく)の猫上様が現れた! 八ニャン士「ギャー!」 猫上「ワシはこの神社の猫神『猫山上王(びょうざんじょうおう)』であーる!」 蜜「あービックリしたー!」 助「カ、カミオー! いきなり出るんじゃないよん!」 斗「僕は平気だよー! 皆んなー、もっと楽しくやろうよー!」 吉「ぼ、僕は帰りたい。」 猫上「ホッホッホ! 八ニャン士よ! 久しぶりじゃな!」 太「カミオ・・・いや、猫上様! どうして皆んなを集めたんですか?」 猫上「ホッホッホ! 単なる老人の暇つぶしじゃわい!」 八ニャン士 コケる。 丸「カミオー! そんなことで俺たちを呼ぶんじゃねーよ!」 平「冗談じゃねー! 皆んな帰ろうぜ!」 猫上「まー待て待て! うそじゃ、うそじゃ!」 蜜「だからさー、集めた訳を早く言って下さいよ!」 猫上「それが実はの・・・昨夜、ワシの枕元にあいつがやって来たんじゃ!」 八ニャン士「あいつ・・・?」 猫上「恐ろしい大トカゲの『ペロンチョ』じゃ!」 八ニャン士「大トカゲー? ペロンチョ?」 猫上「近いうちこの里見村に、あの恐ろしいペロンチョがやって来るのじゃー!」 八ニャン士「ゴックン!」 ーーーーー 八ニャン士は久しぶりの再会を喜んだのも束の間、猫上様から里見村にペロンチョが来ることを告げられた。 はたして、大トカゲ・ペロンチョとは一体何者なのか? しかしペロンチョって・・・なんかキモい。 次回「行の巻②」をお送りします。 ペロンチョから里見村を守るため、あのイケメン猫の剣士たちがやって来た! お楽しみニャン!
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!