1#ノウサギのなの

2/2
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ
 ノウサギのなのは、野原をぴょんぴょんぴょんぴょんと駆け回っていた。  生い茂った木いちごの実を食べて、  草葉から長い耳をクルクルのそばたてて、鼻を突き出して、地上から空から襲いかかってくる天敵達の動向に気を付けながら、  「うーん・・・今のところ異常無しだね。」  ノウサギのなのは、ぴょーんと跳び跳ねると野原を思いっきり駆けた。  「久しぶりだなー。こんなに気持ち良く走れるなんて。太陽が暖かくて風も心地いいー。」    ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!  軽快なステップを踏んで、ゆみるは駆ける。  何処までも自由な世界。  飛び交う小鳥達の楽しい歌が、ゆみるの長い耳へ聞こえてきた。  「こんにちわー!ウサギさん!」  小鳥がウサギのゆみるに挨拶しに来た。  「こんちわぁー。いい天気だねー。」  ノウサギのなのは、小鳥に向かってジャンプしながら答えた。  一歩一歩、後ろ足を踏みしめて跳び跳ねる度にゆみるの胸に希望が湧き、生きている事の一時の幸せを噛み締めていた。  ふと思い出したように、鼻と耳を突き上げて、何時来るか解らない天敵の動向に気を配りながら。  ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!ぴょん!  「あれ・・・ちょっと待てよ・・・?  私、なにか忘れてるような気がする・・・????」    
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!