越境

1/10
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
 これはまだ新型コロナウイルスが世界中に広まる前の2019年8月頃の出来事だったと思います。  僕は長い大学の夏休みを利用して、本州の山間部の「とある地域」でスマートフォンのアプリを用いた自動車シェアリングサービスの運転手をしていました。ここの地域では鉄道やバス路線は廃止され、こうしたシェアリングサービスが代替交通手段として重宝されています。  スマートフォンにアプリを入れて登録しておくと、「お迎え」を希望する利用者からアプリの地図上に通知がくるシステムです。僕たちドライバーは通知がきた場所にお客様をお迎えに行き、目的地へ届けるとアプリ会社から報酬が払われる仕組みになっています。このあたりは某フードデリバリーサービスによく似ていますが、こうしたシェアリングサービスももともとその会社が始めたものです。 「いつもいつもすみませんねぇ」 「いえいえ、こちらこそいつもご利用いただきありがとうございます」  アプリの利用者はほとんどが高齢者でした。山二つ分隔てた街へ、買い物や病院、習い事などへ向かう時に使われます。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!