砕ける月

1/1
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/56ページ

砕ける月

虫の鳴く暗闇 1人閉ざされて つぶやくように歌う 君に届くように 歌っている間だけは 君がいるから 聞こえているなら もっとそばに来て 思いの言葉紡ぐから 歌うときだけは君がいるなら いつでも小さく歌おう 口をつぐんでいるときにも 心のなか 君への歌を 君がいるときは生きていたから 思い出を歌に変えよう 心が黙っている そんな日々にも 笑顔が消えないように せせらぎの水面に 月がきらめいている 壊れ続けながら 映り続ける 形だけがすべてじゃない たとえ もう会えなくても
/56ページ

最初のコメントを投稿しよう!