色も枯れゆく季節にて

「痛いね、生きるって」

喜多内 幸@オリエット管理人

41分 (24,467文字)

30 1,006

あらすじ

鬱屈とした日々を送っていた青年 中村 林太郎は世の中の苦痛に嫌気が差していた。 憂愁(ゆうしゅう)の蓄積が限界に達したある日、自殺を試みる。だがその時、偶然同じ場所で自殺を目論んでいた柚木 葵という

感想・レビュー 4

気持ちが伝わってきて胸が苦しい…

情景や心情描写がとても丁寧に描かれていて、それ故、最後のシーンは私も走馬灯のように頭に映像が流れ込み、本当にぐっも胸が苦しくなりました。思わず堪えるように唇すらも噛んでしまいました。 やりたいことリ
ネタバレあり
1件1件

言葉にならないくらい感動しました。

はじめまして!スター、フォローなどいただいたことがきっかけで、読ませていただきました。 物語としては、主人公が自殺しようとする暗くて悲しい内容から始まるのですが、情景描写がとても綺麗で、儚くも美しくて
ネタバレあり
1件1件

とても感動的な物語でした

喜多内幸さん、『色も枯れゆく季節にて』読ませて頂きました。 すごく感動的な圧巻のストーリーでした。(泣いてしまいました…) 出会いは、本当に意外な場所でしたね。(*´◡`*) あの場所でああいう形で出
ネタバレあり
2件3件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0