1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/34ページ

 魔導書(グリモリオ)――  それはこの世の森羅万象に宿る悪魔(デーモン)(※精霊)を召喚し、彼らを使役することで様々な事象を自らの想い通りに操るための方法が記された魔術の書……。  時に聖暦1580年代末。  海の向こうに未知の大陸〝新天地〟を発見し、〝太陽の沈まない国〟と称される世界屈指の大帝国となったエルドラニアは、他のエウロパ世界の国々同様、プロフェシア教(預言教)の奉じる〝唯一なる神〟と教会の最高権威〝預言皇〟の名のもと、魔導書の自由な所持と使用を人々に禁じ、悪魔の力を独占することで権勢を欲しいままにしていた。  だが、そんな大帝国と世界の秩序に公然と反旗を翻し、禁書の魔導書を強奪してはその写本を広く世に流布しようとする異端の海賊――〝禁書(きんしょ)秘鍵団(ひけんだん)〟。  彼らの魔導書を巡る新たな冒険の旅が今また始まる……。
/34ページ

最初のコメントを投稿しよう!