本編。

2/10
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
   僕は一つの嘘をついた。それが彼を傷つけるとも知らずに――。 * 「やあ、奈美夜(なみや)ちゃん、お待たせ! 今日も着物姿が可愛いね!?」 「あらやだ聖様ったら! そんなジロジロと見ないでくださいな、恥ずかしい!」 「ごめんごめん! だって君があまりにも綺麗だったからつい…――!」 「まぁ…! せっ、聖様ったらぁ……!」  二人はラブラブに見つめあうと道端でキスするような雰囲気を漂わせた。急に人の視線が気になると二人はキスするのをやめて、仲良く腕を組んでデートを楽しんだ。 「ナミヤちゃん、今日はどこ行きたい?」 「聖様が行く所でしたら、何処へでもお供しますわ。ウフフッ」 「そうか、じゃあ。二人で映画館に行こうか?」 「ええ、いいですわ。わたくし映画は大好きですの」 「そうか。じゃあ、今から行こう!」  聖矢はそう言うと彼女(?)の手を繋いで二人して映画館へと向かった。そして、楽しい一時はあっという間に過ぎた。それはまるで魔法が掛かったような、幸せな時間だった。沢山はしゃいだ後、いつの間にか夕暮れ時を過ぎて夜へと景色が変わった。 「今日は楽しかったね奈美夜ちゃん。次はいつ会えるかな。俺は最近はずっと、君のことを考えているんだ――」 「まぁ……!」 「君に出会ったあの日、俺は稲妻が落ちたようなときめきを感じた! いいや、正確には電流のようなビリビリとした胸のときめきを感じたんだ! この世界に黒髪で着物姿が似合う女性がいたんなんて…――! 外国育ちの俺には凄い衝撃だったよ! ああ、奈美夜ちゃん! 俺の至高のスィート、最上級天使……!」 「ああ、せっ、聖様…――!」  聖矢は愛しさを抑えられなくなると、大胆に彼女(?)をギュッと愛しそうに抱き締めた。 「だっ、だめですわ聖様ったら…! こんな所で抱き締められたら私、恥ずかしいわ……!」 「ああ、我慢できない!  君が愛しい! もう自分でもどうにかなりそうだ! もうキスや抱き締めるだけじゃ我慢できない! 俺とひとつに…――!」 「そっ、そんな聖様…! ああっ、だっ、だめ…!」  いきなり彼は野獣と化すと、そのまま彼女(?)の着物の裾を捲って太ももを撫でようとした。すると、その瞬間首もとに突如、バチバチと電流が走った。 『グワアアアアアアアアアアアアッツ!!』  その瞬間、聖矢は悲鳴を上げると地面にバタリと前のめりで倒れた。いや、正確には気絶した。 「ふっ。よくやった廿浦(つづうら)。もう、下がってよいぞ」 「はっ、御意。」  サングラス姿に黒いスーツを着たポニーテールの男性は、主君である奈美夜の命令に一言返事をすると、執事のようにキリッとお辞儀して一歩下がった。彼は闇の中に紛れながら突如姿を現すと、聖矢の首もとにスタンガンを押し当てて気絶させた。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!