lose control

1/10
57人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
「ねえ、紗英ちゃん? 私って人からどんな風に見られてるんだろ?」 「どうって……、」  珈琲を飲みながら彼女の顔をマジマジと眺めた。  中高と一緒だった親友の若菜が突然放ったその言葉に、考え込むふりをする。  パッと見、素直そうで、自分の意見を持っていない。  どこかオドオドとしていて、人に気を使いすぎ。  ただよく知る身として言えば、温厚で誰に対しても優しいし、彼氏にだけじゃなく、周りの友達にも尽くすタイプである。  非力で儚げで、優しそうで可愛い見た目。  男子から見たら、『あの子、可愛いじゃん』  女子からすると『絶対、あざといでしょ』  脳裏に過ったことをそのまま伝えたら、まるで私が嫉妬しているみたいに思われるかも、と考えて。 「若菜は、誰に対しても親切だし、可愛いし、優しそうって思われてるんじゃないかな? なに? 誰かに何か言われたの?」  慎重に言葉を選びながら、無難な答えを絞り出す。  大学帰りのカフェはいつものこと。  ただ今日は会った時から元気のない若菜、その理由を問いただす。 「私ってね、何をしても怒らなさそう、って言われたの」 「誰に?」 「漣くんに」 「あー……」  漣は若菜の彼氏、私たちと同じ大学の同期生だ。  アイツなら言いかねないけれど。  言わんとしていることは、わからないでもない。 「若菜が優しすぎるから、怒らせてみたくなったんじゃない? からかわれたのよ」 「そうなのかな? 紗英ちゃんも私に対して、そう思ったこと、ある?」  即座に「無い」とは言い切れなかったから、曖昧に笑って少しだけ首を振り否定して見せた。  ある、本当はある。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!